英語が話せることは世界が広がること!

英語はそんなに難しくない、トライしよう!

英語を話すのはそんなに難しいことではありません。完璧な英語を話すのは難しいですが、人々とのコミュニケーションに必要な英語は完璧でなくても気持ちが通じるんです。

初めての海外はフィリピンに。

初めての海外はフィリピンに。21歳の時です。父親がフィリピン人の人と再婚して結婚式に行きました。何もかもが初めてで、飛行機でも緊張して何を聞かれているのかわからずに、何もいらないと断っていました。
食事だけはなんとかもらいましたが、ドリンクなどはオーダー出来ませんでした。弟が隣で彼も訳がわからず、初めてだからとビジネスクラスを取ってもらったのに全然楽しめませんでした。楽しみでしたが緊張の方が強かったと思います。

英語が話せたらと思った瞬間。

フィリピンについて、初めての海外でいろいろな人に会いました。 ステップマムの家族、親戚の人たちや友達。皆本当にいい人たちでした。いろいろな食べものも結構自分に合っていたのか美味しかったです。
向こうでは本当に楽しかったのですが、親戚の子供たちが一生懸命英語で話しかけてくれるのに、なかなかわからなかったり聞き取れるのに答えが英語で出てこないのがすごくもどかしかったです。この時に本当に英語をわかりたい、話したいと思いました。

日本に帰ってから英語を考えてみた。

フィリピンから帰ってから、なんとなく自分の中で楽しかった思い出ともどかしかった思い出が一緒になって、忘れられない経験になりました。この頃から仕事の合間に英語を少しずつ勉強し始めました。海外に興味を持ち始めて貯金もし始めました。
留学したかったのですがなかなかお金が貯められず、どうしようかと悩んでいました。留学だと一年間の学費が100万以上かかり滞在費や飛行機代も別です。出来れば長期で勉強したいと思っていたのですが難しいかなと思っていました。

次の海外はワーホリでオーストラリア。

いろいろ調べていたらワーキングホリデーと言うものを見つけたんです。その頃はあまり聞かない言葉で友達や周りの人たちで知っている人がいなかったのと、英語に自信がまだなかったので、実際にオーストラリア専門エージェントに無料で聞きに行きました。
まずかかる金額が留学より全然安いんです。往復飛行機、ホームステイ・英語学校(1ヶ月)、手数料で30万ちょいくらいだったんです。これなら何とかなると思い、少し持っていくお金も考えて申し込んだんです。
お金がなくなったら日本に帰ればいいかと言う気持ちで結構思い切りました。その頃のことを考えると仕事を辞めて思い切ったなあと思います。

ワーホリでの生活と旅行。

エージェントを通して行ったことはすごく自分では良かったと思っています。誰も知らないところに行ったのに、最初から30人くらいの友達ができました。エージェントのサポートの人もいい人で現地の事務所は溜まり場になっていました。
最初の一ヶ月半は英語学校とホームステイに。1ヶ月だったのですがどちらも楽しくて半月のばしました。学校は真ん中のクラスで先生も面白い人でした。
ホームステイは特に楽しくて、5人の子供たちに犬に鳥がいるファミリーのところでした。普通の楽しいオーストラリアのファミリーで子供たちがダンスを見せてくれたり駆け回っていたり賑やかで楽しいところでした。
お金があまりなかったので、仕事を探し始めてお土産屋で仕事をはじめ、働いていた人が日本に帰るのでシェアルームも紹介してもらい、とんとんと決まり長く滞在することになり、仕事をお土産屋と免税店でして、オーストラリア一周の一人旅に行きました。オーストラリアは広かったですねー。

またオーストラリアに、学生と仕事で。

ワーホリはいろいろなことを経験して旅行をして日本に戻り、それからすぐに就職しました。3年ほど日本にいたのですが自己流での英語の勉強でなかなか上達できず、もう一度行ってみたいと思うようになりました。そして、オーストラリアに今度は学生で行きました。
1年間のITの専門学校でしたので、英語プラスITの勉強ができました。20時間アルバイトが出来るのでレストランと印刷会社に働き、印刷会社で4年間のビジネスビザをとってもらったので、学校が終わったあとも滞在することになりました。

英語が話せるようになって何かが変わった。

少しずつ英語に自信が持てるようになって、実は自分の英語はそんなに悪くなかったんだなあと気がつきました。わたしは話すときに声が小さいみたいでよく聞き直されたのですが、わたしは英語が間違っているんだと思い込んでいたんです。
今なら発音を気にするより大きな声で話すほうが大事だとわかります。他の国の人たちも結構国の訛りがあるんですが、自信を持って話しているのでわかってもらえなくてもなんでわからないのって感じになるんです。
聞き取りが結構できるようになれば、話す方は大きな声で答えてみましょう。わかってもらえなくてもスペルを言ってもいいんです。なんとかなるんだなあと思いました。そのあとは現地の会社でほかの国の人達と一緒に仕事をしました。楽しかったです。

無理をしないで少しずつ始めよう。

英語を話すことは自分の世界を広げることだと思います。どの国の人もだいたい英語を勉強します。と言うことはどんな言語よりも世界でわかりあえる言葉なんです。
どの国に行ってもSNSでもグローバルに繋がることができるって言うのは自分の考えだけでは及ばない体験が待っていると思います。

自分に合う所を選ぼう【おすすめ英語勉強法】

とりあえず海外には行きたいけど今はいけない。でも何かしておきたいって言う人もいると思います。少し前準備をしておくと、海外に住むのも簡単に馴染めるかも。オンライン・英語学校・英語教材など、自分の好みの勉強も行く前の楽しみになるかもしれませんね。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース) いつでもどこでも簡単に英会話が学べる進化した英語アプリです。 1回最短3分から「おもてなし英語」や「海外旅行英語」が身につきます。 ニューヨークを舞台に繰り広げられるストーリーに沿って海外ドラマを鑑賞しているような感覚で楽しみながら英語を学べます。 オンラインなら手軽に始められます。

【旺文社 英検ネットドリル】 和訳のワンクリック表示はもちろん発音及び聴解問題のワンクリック視聴、演習問題の自動正誤判定、 解答・解説の自動表示など、CDを聴いたり、解答・解説集を見る手間が省けます。勉強するなら資格も取ってもいいですね。

バークレーハウス 語学 体験レッスン 1973年創業の日本で3番目に歴史のある語学です。 UCバークレーの教授と開発したSRメソッドでスタート。 現在では大手企業・有名大学・官公庁での語学教育サービスを提供しています。仲間と一緒に勉強すると楽しいですね。

英会話カフェLanCul 月額定額制で好きな時間に好きなだけ通い放題の英会話となります。 お酒やお茶などのドリンクを片手に好きな場所で好きな人と英会話を行うことができます。 場所や時間に制限がないため日常に入り込みやすく、 日々の生活に英会話を取り入れることが出来ます。こんなのもあるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA