2021年全豪オープン女子シングルス4回戦、大坂なおみが大逆転でベスト8。ガルビネ・ムグルサと対戦

その他・ブログ

大坂なおみがベスト8に進出しました。今日は苦戦を強いられましたが、メンタルを立て直して逆転勝利。この調子で自分のペースを守りながら優勝を目指して欲しいですね。

全豪オープンの14日の女子シングルス4回戦

全豪オープンの14日の女子シングルス4回戦で世界ランキング3位の大坂なおみは世界ランキング14位のガルビネ・ムグルサ(スペイン)を4-6、6-4、7-5で下し、準々決勝進出を決めました。

大坂なおみは1回戦で世界ランキング39位のアナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)、2回戦は世界ランキング43位のカロリーヌ・ガルシア(フランス)、3回戦は世界ランキング30位のオンス・ジャブール(チュニジア)を全てストレートで下して16強に進出し、4回戦でベスト8に入りました。準々決勝では世界ランキング71位のシェイ・スーウェイ(台湾)と対戦します。

1-1のセットカウントから最終セットのゲームカウント3-5で相手側の2回連続のマッチポイントのピンチを跳ね返して大逆転。日本女子歴代最多全豪通算19勝目を挙げ、杉山愛に並びました。

試合後のインタビュー

初対戦だったが手強い相手だと思っていた。相手のプレイに圧倒されストレスもあったが元に戻さないといけないと思った。非常に難しい試合だったでイライラしてしまったが勝てて良かった。ミスをしないように意識した。この試合を乗り越えた自分にとても満足していると話しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました