コロナ禍でのオーストラリア旅行。いつからがおすすめ?安い時期・旅行日数・費用は?

生活・文化

現状でのオーストラリアへの旅行はおすすめできません。状況や規制などは日々変わりますので、オーストラリア大使館の最新情報を確認してください。

公式サイトhttps://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/novel-coronavirus.html

現在のコロナ禍でのオーストラリア旅行

現状での海外旅行はどこでも難しいと思いますが、特にオーストラリアはコロナの陽性数が少なく厳しく追跡して抑えているため、州移動でも制限が厳しく1人でも陽性者が出るとすぐに州または近郊エリアでのロックダウンなどの規制が始まるので、いつ移動ができなくなるかもわかりません。最新情報は公式サイトで確認してください。

日本からオーストラリアへの入国

オーストラリア人及び永住者とその近親者(配偶者・未成年扶養家族・法的保護者のみ)を除く全ての人を厳しく入国制限しています。またオーストラリアに到着する全ての渡航者(トランジット時も含まれる場合がある)に、到着空港の所在地にある指定施設(ホテルなど)での14日間の自己隔離が義務付けられていて原則として自費になります。

またオーストラリアへ渡航するには空港でチェックイン時にコロナウイルス検査の陰性証明を提示する必要があります(フライト出発予定時刻の72時間以内にPCR検査が必要)。トランジットでオーストラリア経由でも検査が必要です。

日本に帰国する際にも豪州出国前72時間以内の新型コロナウイルス検査証明が必要で、検査証明を提出できない人に対しては検疫所長の指定施設で14日間待機することを要請されます。

また日本入国時に14日間の公共交通機関不使用、14日間の自宅または宿泊施設での待機、位置情報の保存、保健所などから位置情報の提示を求められた場合には応ずることなどの誓約書の提出が求められます。

オーストラリアから日本への入国

PCR検査を受けてから結果が出るまで自宅もしくは空港に待機(数時間〜2日)する必要があります。入国時検疫官に対し待機先と移動手段について提示する必要があります。空港から待機先への移動を含め、公共交通機関(タクシーなども)は使えません。健康状態にかかわらず、帰国日の次の日から数えて14日間の滞在先での待機が必要です。

 

オーストラリア旅行はいつから

COVID-19ワクチンが広まりほとんどの人々が受けている状態になれば海外の行き来はもっと簡単になると思いますが、現在は日々状況が変わりやすく現地で規制も変わりやすいので、2021後半から来年年始あたりからが落ち着いてくるかもしれません。

オーストラリア旅行での持ち物・必需品

キャッシュ・クレジットカード
海外で使えるポケットWi-Fiや携帯
変換プラグ(コンピューター用など)
紫外線対策用のもの(日焼け止めや帽子など)
折り畳み傘
常用薬
携帯用スリッパ
アメニティ
水着、ビーチタオルなど
※足りないものは現地のスーパーなどで調達しても良いかもしれません。



オーストラリア旅行での服装

オーストラリアでは地域によって気候が違います。現地のシーズンの気候に合わせた服装を選びますが、変わりやすい気候でもあるので、寒い時期でもTシャツ、暑い時期でも軽めのカーディガンなどの予備を持っていくと便利です。

Tシャツ、ジーンズ、ショートパンツ、パーカー、ジャケットなどカジュアルで重ね着ができるようなものが便利に活用できます。またカジノやクラブや高めのレストランなどに行く時のために、おしゃれ着と靴・ヒールなどがあると便利です。

オーストラリア旅行の費用・値段

オーストラリア旅行の費用は飛行機代と宿泊代が主な費用で、食費や遊興費は個人個人で違います。オーストラリアの物価はレストランはランチは安めでディナーは少し高めです。公共交通機関はあまり高くありません。

飛行機代

日本からの直行便はシドニー、メルボルン、ケアンズ、ゴールドコースト、ブリスベン着があります。パースやエアーズロックやタスマニアなどは経由便で行くことになります。例えば東京からの直行便の往復相場は時期や到着地により違います。
シドニー:80,000円~
メルボルン:80,000円~
ケアンズ:60,000円~
ゴールドコースト:60,000円~
ブリスベン:60,000円~
飛行機代は航空会社や直行・経由便や時期などにより大幅に変わります。LCC(Low Cost Carrier)便や経由便などは安くなりますが、食事や荷物の持ち込み料が別料金になったり、待ち時間が長かったりする場合もあるのでよく考えてみましょう。直行便のスペシャル料金がお得な場合もあります。

宿泊代

スタンダード:6,000~15,000円
スーペリア:15,000~25,000円
デラックス:25,000円~
到着地やホテルにもよりますが、だいたいの平日2人1部屋一泊の価格です。ユースホステルやバックパッカーホステルなどはドミトリータイプ一泊1人1500円ほどで安く泊まることができます。

ツアー代(1週間程で飛行機代+宿泊代込)

パッケージで旅行するのもおすすめ。ツアーも飛行機と宿泊のみで自由行動できるものも多く、ホテル代が割引になるので別々で買うよりも安くなることがあります。また半日観光込やオプショナルツアーを付けることもできます。
シドニー:120,000円~
メルボルン:120,000円~
ケアンズ:150,000円~
ゴールドコースト:140,000円~
ブリスベン:140,000円~

オーストラリアの格安旅行

飛行機代を安く買いたいという人はLCCをチェックしてみましょう。格安航空会社(LCC)はサービスが簡素化され低価格でチケットが買える航空会社です。エンターテインメントや食べ物や飲み物などのサービス、荷物料などが有料になります。セールの時には2人で1人分のチケット代などもあったりするのでお得です。

オーストラリア旅行の安い時期

日本の大型連休はピークシーズンなのでそれ以外がミッド・オフピークシーズンになります。
年末年始(12月下旬~1月上旬)、春休み(3月)、ゴールデンウイーク(5月上旬)、夏休み(7月下旬から8月下旬)
以外の時期をチェックしてみましょう。

オーストラリアの旅行プラン

旅券と宿泊が決まったら、そこからどこに行きたいかも考えてみましょう。旅券と宿泊のみのプランだったら、到着してから出発までは自由です。またプランに到着してから半日観光などがあっても便利です。行きたい場所やレストランがあったらプランに組み込んでみましょう。

自分で公共機関などを使って行きたい場所やレストランに行くことはできますが、シティから遠い郊外ではなかなか大変です。現地で安いツアーもあるのでチェックしてみましょう。

オーストラリアの旅行ツアー

オーストラリアが初めての人やプランを任せたい人には旅行会社の好みのツアーに参加するのもおすすめです。時間の無駄がなく、見所やレストランなどに行くことができ、ショップや免税店を見るなどの自由時間もあります。

オーストラリアの旅行日数・何泊?

日本から結構時間をかけて来るのですからできるだけ長くいろいろなところを見て回るのがおすすめです。2都市を見て回ることもできたり、1都市に滞在して郊外まで足を伸ばすこともできます。できれば1週間以上あると時間に追われずのんびりとしたオージーのライフスタイルを楽しめます。

オーストラリア旅行会社のおすすめ

エアトリ
海外航空券と海外ホテルの同時購入でホテル代金がさらに安く、最大ホテル代無料。海外航空券は出発当日でもオンラインで購入可能(出発4時間前まで)。最安値海外航空券・海外ツアーが揃っています。

JTB
お客様の満足を徹底的に追求した海外パッケージツアー、航空券とホテルを同時に予約できるツアー、インターネット限定で公開しているびっくり価格の海外パッケージツアーもあります。

日本旅行
海外ツアー海外旅行に関する情報が満載。安心・安全の添乗員同行の旅行なら日本旅行。期間限定タイムセールでは人気商品が期間限定価格で売り出し中。インターネット限定商品ならではの注目プライスもあります。

オーストラリアの旅行保険

海外保険は絶対に必要です。自分は若いし病気にならないからと思っていてもどんなアクシデントがあるかわかりません。現地で病院にかかる費用はとても高くなります。また海外保険では飛行機に乗っている間もカバーされます。



オーストラリアの旅行記

オーストラリアでは車やバイクや公共機関で長旅をする人が多いです。キャンプ場もあちこちにあるので、安く旅をすることができます。様々な国の人たちやオーストラリアの人たちもゆっくりとした旅を楽しんでいます。広いオーストラリアをのんびりと計画も立てずに旅するのも楽しいですよ。自分だけの旅行記を作りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました